97年製のハードロックフリークが書き散らかします

1997年7月生まれが独自の視点で愛してやまないハードロックを語っています。

長年の悪い癖と決別する

ランディーローズよりも1年長く生きてきて、27クラブまで1ヶ月とあとちょっと。
ここからの人生を少し変えようと思った。


僕はハードにロックに生きてる。

僕からハードロックを取ったら多分何も残らない。
残ったとしても、ハードロックが原動力なので成立しない。


ここでのハードロックの定義は、


逆張りや世間をに立て付き小馬鹿にしながら逆らい続け、自身の追い求めるものを追い続ける


ってことに。


何にでも破壊的な衝動を持ってる訳ではなくて、偽りの正義を暴きながらも弱きを助け強気を憎み、目的の達成なら反社会的なことも厭わないダークヒーローのような存在になりたくて、そんな振る舞いも心掛けてた。



それに僕には幼少期から人に気を遣いすぎたり、人の顔色を異常に伺う悪い癖がある。


小さい頃は健気な子で済んだけど、段々と歳を重ねてくるごとに周りからもそのことを見透かされ、好き勝手されたり利用されたりしてきた。

そんなんしてると段々自分自身の意思よりも友達や先生、親が喜ぶことを....ってなってしまうんよね。


だから僕は演じることに逃げたんやと思う。



そんな中、出会ったのがハードロックやった。


マイケルシェンカーから入り、まずはテクニックに圧倒されてからマイケルシェンカーの人となりを知ることに。
それまでTotoの最初の4枚ばっかりヘビーローテーションしてた僕に取ってはカルチャーショックが大きすぎた。
それからも80年代をハードロックに駆け抜けた先人たちの生き様に触れ続けた。

僕には無い要素だらけやったし、できることなら僕もそうしたかったから。



「僕もこれぐらい自由奔放に振る舞ってもいいのかなぁ」
とも思ったりした。でもやっぱりできなかった。


だからこそ、世間を小馬鹿にしたり破壊するようなハードロックな生き方を求めたんやと思う。
心の奥底では顔色伺ってる間も相手のこと見下したりしてたのにね。


でも、人の顔色伺って、人に必要以上に気を遣いながらも振る舞ってたら結局事はそれなりの結果になるから、その方が楽やと思ってしまった時があったんよね。

それは僕自身の弱さやと思うし、それも身の回りの人のことを考えてしなかったから僕自身の強さでもあったからこれは仕方ないと今やっと思えた。


それから大学に進学し、バイトとして社会に出る機会があったので僕は職業まで演じてた。



ある時は気さくで豪勢な社長の通訳兼コンシェルジュになり、ある時は雄弁な塾講師を演じ、またある時は店頭に立つ熱心な店員を演じ、ある時はいたいけな学生を演じ、またある時は血の繋がりの無い相手の息子や兄や弟を演じる....。



就職してからは仕事へ行けば、上司に従順且つ人懐こい部下を演じ、パートさんやアルバイトさんの前では終始笑顔で憎めない八方美人を演じ、実家に帰れば好青年の長男を演じ、とにかく演じることを続けてきた。


もちろん偽りの正義の筆頭である今までの上司に対しても小馬鹿にして逆らいながらも口ではおべんちゃらばっかり吐いて、従順で人懐こい部下を演じる。



そんなことを続けていると当然、僕自身が何なのかすらも分からなくなる。


どころか、周りからもひたすら良いように使い倒されてどんどん疲弊していった。
今年入って精神病になって辞めることになったんもそれが原因。

上司にもパートさんにも気を遣い続け、顔色まで伺って自身を必死で押し56す。
その方が円滑に事が回るから。

これ良くないね。
どっかで破綻するし、精算するにしても一番の健康が害されるし負債ばっかり残る。



このことに気づいたから今は少しずつ僕自身の意思を尊重しながら、他人には必要以上に気を遣わないようにしてる。


結局、みんな自分自身が一番大切やから他者は自身が余裕のある時に助けたりすればいい。
それに、0か100かじゃなくてもっと他にも気の遣い方は存在する。



それでもどんな時でも僕自身の生き方と僕自身が何かを再認識させてくれるのがハードロックやった。

僕に自分たちと同じような生き方を強制する訳でなく、かと言って今の生き方も否定せず、そっと背中を押すようなハイトーンで少しビブラートのかかったボーカルと、ぱっと聴くときついかもやけど、聴いてるとそのうち心地良くなってくるディストーションとちょっとのコーラスサウンド


今まで僕なりに身の回りの人のこと第一で生きてきた結果、僕自身の身を削ることもあった。
色々試して、耐えられなかったらそこはやめるぐらいやけども、食や睡眠は削れてしまうんよね。

気づいた頃にはどっちも疎かにしてた。


そこに気づいた身の回りの人には怒られたけど、僕自身ではもうどうしようもない。
幸い今は睡眠は惰眠貪るレベルやからもうちょっと早起きしやんとやけども。



けれどもハードロックはそんな僕を否定する訳でなく、自身をハードな状況にしてまで身の回りの人を想うのはロックやと言わんばかりに背中を押してくれた気がした。


あと、人生って上手いことできてて僕の身の回りの人って良い人ばっかりなんよね。

人の顔色ばっかり見てしまって人の目が怖くなってほんまに消えたくなった時も、そんな人たちから与えてもらったものがまだ僕の中で息してるからなんとかそれ抱えて生きよう、その人たちのためにも生きようって思えた。


だからまだまだランディーローズやエディヴァンヘイレン、ロニージェイムスディオ....etc.の元へは行けんのよ。
僕もやりたいこと食べたいもの行きたい場所まだまだあるし、身の回りの人への恩返しも終わってない。


金輪際人の顔色伺いすぎてついつい気を遣い続ける僕とはおさらば。

そのためなら必要とあらば演じるよ。

時代によって目的や役割は異なるけれども、人の顔色ばっかり見てビクビクしてるよりはマシさ。



そう、僕はハードロックなジェスター。



でももうこれからは自分自身第一で生きる。

時々ジェスターになるためにも、ジェスターは分かりやすいところに置いておこう。

推しの切り抜きコレクション症候群

某オークションサイトでサーフィンしてたらHAMERの文字が見えたので覗いてみると、愛機のScepterちゃんが写ってたので買っちゃった。


HAMER Scepterが載ってるヤングギターの切り抜き。
谷口楽器の商品紹介ページらしい。


当時で35万弱かぁ。


今の中古市場見てもそれでも10万安いか安くないかやし、そもそもebayでもReverbでも大概輸入になるから送料含めたらトントンやし、あの価格で海外から手に入ったのは奇跡に近いなぁ。


裏側はHAMERのスティーヴスティーヴンスシグネチャーモデルやったり、今某アニメの影響で突然脚光を浴びた形のレスポールがデカデカと。


レスポールJr TVがヘッドもボディも左右対称なのに対して、HAMERはダブルカッタウェイにヘッドが何故かSlammerモデルのDiabloやCentauraのストラトディンキータイプのヘッドにHAMERロゴ横っていうのがなんかすごく左の肩甲骨辺りがむず痒くなってくる。




ところでこれ、何年何月号なんやろうか?


HAMERのスティーヴスティーヴンスモデル自体が1984年に第一弾が出て、第二弾のⅡが出たのは1986年以降で、そもそもアメリカから日本に入ってくるのは発売からだいぶとラグあるやろうし、あとはScepter自体も1985年に発売開始したから少なくとも1985年以降のものってことはこの数ページから分かるんやけど...


当然調べても出てこやんし、公式のバックナンバーが追いつく範囲の年代ではなかった。


とか思ってたら裏側にデイヴリーロスのDiamond Daveの来日公演直前インタビューの文字が。



色々調べてるとデイヴは1988年に初来日してて、1994年に2回目の来日やったとか。


数ページしか無かったので詳細は不明ながら、デイヴの来日直前ということで1988年になるんかな?


なんというか手持ちの1990年代のヤングギターとは紙質が1990年代とは違う気もする。
風化具合とかもね。


右側のブラッドギルス&ジェフワトソン特集号は1988年10月号なので、これはおそらく1988年の10月号以外になるっぽい。


これが何月号の記事かはまたそのうち明らかになるでしょう(放置


そんな1988年10月号はナイトレンジャー5枚目のアルバムのMan in Motionリリース直後のインタビューになる。
ギター2人もHAMERから提供を受けたようですっかり持ち替え。


その証拠に1987年3月リリースの4枚目のアルバムのBig LifeではHearts AwayColor of Your SmileSecret of My SuccessのMVの頃には2人ともHAMERで撮影してるし、その後の来日公演でもジェフワトソンは頻繁にHAMERのフライングV持ってきてる。


いい感じにスクショ撮れてた。


これも割と来日公演にも持ってきてたよね。


ダブルネックもあるみたいで。

幼少期から12弦ギターで練習してたジェフワトソンやし、当たり前っちゃ当たり前よね。笑


Halfway To The Sun

Man In Motion収録なんやけども、Seven Wishesのバージョンアップした感が半端ない。


イントロからいきなりケリーケイギーの力強いドラムから始まり、いきなりこのスクショのジェフワトソンの8フィンガーのイントロ。
からのジャックブレイズのソフトな歌い出し。
を、そっと見守るブラッドギルス笑笑


誰や!?ジャックブレイズがベース弾いてないとか言うてるのは!?笑



個人的にこの曲は僕の中で、"Seven Wishes改"って呼んでる笑


最初の4枚もなかなか捨て難いんやけど、このMan In Motionもナイトレンジャーらしさの詰まった1枚やと個人的にすっごい思う。


1989年7月の東京来日公演ではHAMERのUnicornっていうダブルカッタウェイのSHのおそらくシグネチャーモデルも頻繁に持ってきてた気がする。


上手いことスクショ撮れてんけど、これのリアっておそらくPJ Marxの412よね?
黒カバーのピックアップに白字のステッカーが見える気がする。



NGD - Hamer Unicorn - Guitar Discussions on theFretBoard様より引用。

答え合わせに調べたらやっぱり当たりやった。


PJ MarxのSHとはまた曲者を...笑


でもボディのトップのキルトはめっちゃ綺麗。PRSにも匹敵するわこれ。


切り抜きだけでめっちゃ記事書ける気がする。


まだまだジェフワトソンとブラッドギルスの切り抜きあるからそれも掘り下げて書きたいなぁ。


【PR】



イングウェイから学んだ天性の職人気質

こんにちは。

ハードロックなZ世代です。


今回は5/9にイングウェイマルムスティーンの来日公演を実際に観に行ってあの場で感じたことを書いています。




何故僕がイングウェイに謎の親近感を感じて、決して嫌な感じは無かったのかが分かった。


世間を舐めた目で見てること


ちょうどこんな目で。笑



僕も正直、世間は舐めた目で見てるし基本上司は見下してる。


もう少し尊敬し甲斐のある上司に出会えていたらここまで拗らせてなかったやろうなぁ。

前職の1年目にパワハラ上司を社内ホットラインで告発して更に上の人と面談した際にパワハラ上司をこき下ろした僕に対して上の人が僕に


「上司は必ずあなたよりも優れたところがある人だから上司」


って漏らしてたのを覚えてる。


その時思ったのが、


「正しい根拠を言え!」


じゃなくて。

「俺上司!敬え!逆らうな!って言うならばじゃあ上司であることの根拠をちゃんと示しなさいよ。
ルール守れ言いながらこっちに押し付けるのは保身の為ばっかりで、部下には都合の悪いルールガン無視して自身の都合優先する奴を上司って呼べとか破綻してるねん」


社内ルール優先しすぎて休日に希望休変更できんかしつこく威圧的に電話してきたりとかね。


僕も何かしらの休日電話されるリスクを見越した手当貰ってたら出るけど、貰ってない人間に執拗に、しかも自身の都合で威圧的に電話するとか社内ルール以前に労基法違反なんですけど。


こういう人は社内ルール>>>日本国労働基準法
になりがち。


それなら元から電話しないとか、申し訳なさそうに電話してくるとか、威圧的にしたいならポケットマネー渡せばいい話。


前職場はそんなんばっかりやったから上司に着いて行く以前の問題やったなぁ。



優劣で現すかは置いといても、そら年やったり社歴は上やから上司やってんでしょうって感じ。
まぁそのぐらい僕から見てスキルが役職に伴ってないんよね。
年齢やそれにまつわるもの以外で僕よりも優れてるところ見せてみろよって感じ。
前職の上司なんて9割5分は僕より優れてる部分が年齢やら社歴しか無いようなのばっかりやった。




僕の方がデリカシーあるから踏み込んだ会話は人選ぶし、そのためのリトマス試験紙だって上手く使う。
それにコミュニケーション能力と呼ばれるものも僕の方が遥かに高い。だから外国語も習得速かったしお金産む術だって得た。
それだけじゃないぞ、コミュニケーションが取れて、おまけにメイクで見た目綺麗にしてるから女性経験だってそう。
職権濫用して土日を公休と希望休ひっつけて休んで婚活に行くような奴なんかよりもよっぽど経験あるし、なんならワールドワイドまである。それにお持ち帰られ回数も軽く2桁は乗ってる。
あとは歌だって何ヶ国語も歌えるし、ギターも顔で弾ける。



それに、エアプって言われてもここだけは曲げやんのやけども管理職の人を管理する能力なんてのは慣れで習得できる。
なって続けてたら自然と身につくものなんよね。
まぁその辺の伸びしろはまちまちでお前この5年間10年間何しとってんってのも残念ながらは存在はしてしまう。
これは向き不向きやね。



そら見下すよね。



そんなのに恩義だの忠義だのちゃんちゃらおかしいよ。
そもそも恩義やら忠義やら持ち込むと労働の本質から外れるんよね。



特に、自身に年齢社歴ぐらいしか無いっていうのを悟られまいと必死で圧かけたりオラついてるようなのは。



それならその辺悟られないように隠し通すとか、いっそのこと受け入れて認めてニコニコしてるようなのなら僕も暗黙の了解ぐらいは分かるからしばらくは黙って着いて行くのに。




ちょっと熱くなりすぎて話が逸れたので戻すと...



80年代のシュッとしたイケメン王子様なイングウェイ見てるとそんな反骨精神と莫大な自身に満ち満ち、他の追随を悉く許さない目をしてた。


この見開いた目。笑笑


イングウェイはこの時もアルカトラズに入ったのはグラハムボネット御大ごと利用してやろうとしか思ってなかったらしい。


コミュニティを利用してやろうって精神が既にカルチャーショックすぎて笑

この時点で既に逆張り感あるし、何から何まで他のギタリストとは一風変わったやり方してたよね。



まぁこの後グラハムボネットと大揉めして結局アルカトラズも脱退することになるんやけども...笑


俺が俺がでパフォーマンスもギター演奏も好き勝手し過ぎるイングウェイは確かに協調性とかそういう次元じゃない。
そもそも協調性持つどころか他のメンバーに個性を求めず、イングウェイが指示した通りにできるだけでいいって後々仰ってたぐらいやもんね。



一緒に並べちゃ怒られるけども、個性が強すぎてコミュニティに馴染まないのは僕もおんなじ。


僕はまだほとんど芽が出てない状態やけども、チームで他人と一緒に何かを成し遂げることよりもどちらかと言えばイングウェイのような一人で事を成し遂げながらも周りの人を従える方がむいてる職人気質なんよね。



でも、僕はそこまでのスター性やカリスマ性は無かったから自然淘汰され、今に至るんやけども、休職当初は僕の居場所はこの社会にあるんやろうか?とか考えて孤独感に苛まれてた。



精神的に追い込まれてたからすごい極端やし、そもそも僕からドロップアウトしたし、僕にもどこかしら居場所はあるし、あることに気がついてないだけやったんやけどね。



イングウェイはコミュニティに馴染めない点を補う技術やスター性、カリスマ性を持ち合わせてたからアルカトラズ脱退後は自身でバンド立ち上げて、自身の居場所を作って、イングウェイと愉快な仲間たちで今日まで世界中を飛び回って今回日本にも来てくれた。



これって、所謂社会不適合者(社不)にとっては希望なんやなぁって僕は思った。


イングウェイみたいにはっちゃけたり成功したりみたいなことはできなくても、個性を残しながらでも自身の居場所は作れる。
多少は曲げたり折れたりしないといけないやろうけども、根本から変わる必要は無いんやなって。



そんなイングウェイは40年の歳月を重ねると当時の面影も残しながらも「メンバーも観客もみんな俺について来い!」
って雰囲気が出てた。
自身のテクニックやパフォーマンスで聴衆にも一体感っていう名の居場所を提供してくれてた。


まだまだイングウェイ聴こう、また来てくれたら絶対来ようって思ったね。



多少は丸くなってたけれども、やっぱり王子様イングウェイはそこに実在してた。


レザーのタイトスキニーに虎柄のジャケット。

僕もこんなの着たいからハードオフ巡りの際にオフハウスにも行く理由ができた笑



という訳で、イングウェイを生で観て背中を押されたZ世代でした。


【PR】



車検の待ち時間にカラオケ行ってきた

本年3月の時点で休職中やったから市民税を個人支払いし、そこに自動車税も来て、さらにもう1個特大のやつが来た。


車検。。


1年前に譲り受けたから実質最初の車検なんやけども、手続きが億劫のなんの。


ハードオフ巡りも流石に近畿地方で留める予定やし、そんなに派手に乗らんのでほんまに最低限で良かったんよね。ブレーキとかキーキー鳴ってるからそれとかだけでほんま良くて。


で、見積もりをいろんな場所と業種別に取ってんけども、大阪なだけあって店舗が玉石混交やね。
車検の専門店名乗ってるところが足元見て基本額だけで息を呑む額を言うてくるっていうのも多々あった。
例の除草業者さんにも見積もり取ったんやけど普通やった。

まぁ店舗前の植え込みの木は死滅してたけど笑



結局一番見積もり出すの早くて要望聞いてくれて項目1個1個説明してくれる手馴れてそうなガソスタにお願いすることに。
代車借りちゃうとガソリン満タンにしやんとあかんとかで面倒やから、朝一に乗って行って夕方ぐらいに仕上がりが可能な日を探してもらって無事予約まで漕ぎ着けた。。。



4/15に予約し、朝一に持って行ったら夕方には仕上げてくださるとのことだったので朝一に車を置きに行くことに。


さて、朝一から夕方まで何するよ?
まー見知らぬ土地やし都心に出るか?



困ったらすぐにマジョリティな選択をするのはナンセンスで僕は好きじゃない。
それに、都心は外国人だらけでどうしても都心でしかこなせやん用事が無い限りは行くのも億劫やってことで、なるべく近くのジャンカラへ行くことに。


3.4km先のジャンカラを予約しようとしたらもう予約埋まったらしいのでその近く(5km先)のジャンカラにした。



石川県のハードオフ巡った時のことを思い出すんや、僕。
てことで1時間弱歩くことに。


車で通ったことのある大通りからちょっと入ってったまだ通ったこともない路地を征く。


そしたらビックリ。
なんと、普段から仲良くしてくださってる方と鉢合わせ。

そろそろ連絡しよーって思ってて、丁度車検の待ち時間のカラオケ中にでも連絡しよかなーって思ってたところのことやった。


縁って、存在するんやなぁと思った。


ちょっと喋ってカラオケへ移動した。


今回はイングウェイ行った直後ってこともあってイングウェイ多めにしようとまずは駆けつけにRising Force、それからYou Don't Remember, I'll Never Forgetを突っ走る。


あと、なんとなーく思いつきでリタフォードいけんじゃね?って思ってKiss Me Deadlyも入れて歌ってみたら案外声出るんですよねぇ。


その勢いでシンディローパーも久々に歌うかあってなって、Time After Time入れたら本人MV映像付きやった。


シンディローパーって見た目ハードロック以上のV系な感じするし、衣装もとにかく派手やけども曲自体はすっごいポップやったりしんみりバラードやったりが多くてその辺のギャップにすごく惹かれる。


シンディローパーまつ毛なっが!


束まつ毛も練習しようと思った瞬間。笑



そっからはジャーニーのFaithfully歌ってたらなんだかAORの口にもなってきたので、TotoHall and Oatesに旅行してみたり。


Method Of Modern LoveのサビってMETHOD OF LOVEって1個1個アルファベット歌ってたんやね。


小2の当時聴いてた時は何発音してるのかさっぱり聴き取れなんだけど、やっぱり今改めて聴いても聴き取れんしその辺すごい新鮮やった笑


後半はI'll See The Night Tonightを今回イングウェイがやってくれなかったから自分で歌うことに。笑

でも確かにやらんかった理由が分かる気がする。

ボーカルしぬ笑笑


Rising Force始まりでしばらくはイングウェイのソロタイムやったかもやけども、You Don't Remember, I'll Never Forgetも挟みながらでしかも、歌ってんのキーボードと兼任のニックマリノやからただでさえイングウェイの圧も感じながら弾いて歌って...ってマルチタスクもええとこよね笑


それからなんとなーくGTAVのゲーム内ラジオから知ったベリンダカーライルのCircle In The Sandがあったのでそんなんもつまみ食い。

普通はアレよね、Heaven Is A Place On Earthの人やよね。


休職前にメンタル面で大いに助けてくれた仲の良い友達が歌ってたなぁ。


あとは校長ことアランタム(譚詠麟 タンヨンリン)の酒紅色的心(ズォホゥンシッディサム)とか。

これ、安全地帯のワインレッドの心の広東語版でもちろん僕は原曲は聴いたこともなければ歌えまてん。笑


なんとなーく勢いでナイトレンジャー行ったり、ちょっとは前回より歌えるようになったSince You Been Goneとかにも挑戦。


基本アプリから曲飛ばしてるんやけども、新曲で知ってる曲が出てないかを本体使って見てみたところ、伍佰の曲が新しく収録されてたんやけども、それじゃない感。


單程車票(片道切符)とか、不滿とか個人的にギター持って歌いたいから次はその辺が収録されて欲しい。。笑


それからこの前手に入れたマイクスタンドも導入して、ギターの練習も。

伍佰の牽掛と黑豹樂隊の無地自容のソロ前とソロを簡易に収録したのでまたどこかにUPしてみまっす。


もちろん今回もギターはScepterちゃん。

〜CharvelのロンTを添えて〜


ちょっと弦高もーちょいいじれるからこの後いじってみる。



車検も無事終わり、夕方に取りに上がってから家に帰ってると、サイドミラーまでピッカピカにして下さってた。ぴえん。

また2年後もお願いしたい程の仕上がりと価格で大満足。


さーてたまってる記事に手つけながらもScepterの弦高調節するかなぁ。


【PR】